パート主婦はキャッシングで来ても専業主婦は借り入れができない

プロミスではパートをしていれば主婦も借り入れができます。
という言い方がおかしいのかもしれません。
20歳以上の安定した収入がある方が利用の条件となっていますのでもちろんパート主婦もその対象となるのは当然のことです。
ただし、専業主婦は借り入れをすることができません。
「安定した収入」がないからです。
専業主婦も忙しい毎日を送っており家庭を守るという仕事をしてはいるものの、収入を得るのかといえばそうではありません。
残念ながら専業主婦はプロミスだけではなく消費者金融からの借り入れはできないこととなっています。
改正貸金業法では、配偶者貸付として収入がない専業主婦でも配偶者の年収を審査の対象として貸し付けができるとしていますが、現在の消費者金融で配偶者貸付を行っているところはありません。
パートの主婦は借り入れ金額が大きくはないのではないかと考えているでしょう。
確かにその通りです。
総量規制によって年収の3分の1が貸金業からの借り入れ上限となっていますので、例えば月10万円の収入で年収が120万円とすればかしぐ毛上限は40万円です。
しかしこの金額がそのままプロミスから借り入れることができるのではなく、返済可能金額と合わせて取引がなく信用が築けていない状況になりますので融資限度額は少なくなっています。
融資限度額は高くはありませんが、それでも消費者金融からの借り入れはできます。
短期キャッシングに焦点を絞って考えておきましょう。